スマホ 電磁波 対策

スマホを充電しながら使うときの電磁波対策

ひさしぶりに記事を書きます。

 

充電中にスマホに発生する電磁波を
どうにかできないかと、ヒマなときに
対策をいろいろと考えてきました。

 

そこで、うまくいった方法のいくつかの
中から、これなら誰でも簡単にできるじゃん!
という方法を紹介します。

 

よくスマホを充電しながら使用する人には
おすすめの方法ですよ。

 

動画で見る人はこっち:
https://youtu.be/P4JhwFFbkcQ

 

準備するもの:

  • アース線
  • わにぐちクリップ(小)
  • 絶縁テープ

 

クリップと絶縁テープは100均で入手できます。
アース線は置いてない場合が多いので
そのときはホームセンターへゴー!

 

 

 


アースコード 10m

 

わにぐちクリップ 小

 

絶縁テープ

 

 

 

で、ここからは何度とやった(笑)
お決まりのアースコードをつくります。

 

ニッパーで被覆に傷をつけてあげて
むしりとります。
7〜8センチが目安。
カッターの方がやりやすいかも。。

 

 

なかの銅線が見えたら、ペンチでつまんで
ひっぱります。
そうすると、はだかの銅線になります。

 

 

 

つぎに、買ってきたクリップの穴に
銅線をとおしてペンチでつぶします。

 

 

 

このままだと、簡単に抜けてしまうので
余ったぶんを折り返して、元の線に2〜3周
まきつけます。

 

 

さいごに、絶縁テープを巻いて保護します。

 

 

 

 

では、電磁波カットできるか
やってみましょう。

 

まずは、クリップをつなぐ前の写真。
(動画の切り抜きなので、画質が荒いですが、針が大きく振れているのがわかるはず)

 

※アップ

 

 

ここからが、ポイント。
充電アダプターの線をすこしだけ抜いてあげて
クリップがはさめるだけのすき間を作ります。
(すきまは最小限にしてください。でないと、充電が切れちゃうので)

 

 

 

で、クリップをはさんだら、反対側はエアコンなどの
アース端子へつなぎます。

 

プラスドライバーで端子をゆるめて
つきさせばいいです。

 

こんなかんじで

 

 

 

そのあと、測定してみると・・

 

わかりますかね、明らかに針のふれが
小さいですよね。

 

実験前と比べると、おおよそ10分の1くらいの
電磁波量に抑えることができました。

 

 

 

ここからはオマケですが
モバイルバッテリーでスマホを充電した時の
電磁波ってどれくらい発生すると思いますか?

 

これ、ほとんど出ないんですよ!

 

充電アダプターを使うと、コンセントから
電気を得ていることになるため、交流の電気が
すぐそばにあるから、その影響を受けてしまうからなんです。